NSCSソリューション

緊急時安否確認サービス

「緊急時安否確認サービス」は、自然災害やパンデミックが発生した際に、従業員の安否確認、緊急連絡を円滑に進め、緊急事態発生時における企業の事業継続・早期復旧をサポートするクラウドサービスです。 自然災害時の自動メール配信はもちろん、平常時においても手動でメール配信を行えるため、災害訓練や業務連絡の配信にもご利用頂けます。

  • 自然災害発生時に
    自動的にメールを配信
  • 状況に合わせた回答方式で、
    迅速かつ正確な情報収集を実現
  • 収集した安否情報は
    外出先でもすぐに確認可能
  • 災害に備えた
    運用をサポート

特徴

情報を少しでも早く「高速メール配信」

  • 専用のメール配信エンジンを使用し、安否確認メールを高速で配信します。
  • メールだけでなく、FAX受信機宛てにも情報配信が可能です。(※1)
    ※1 送信枚数・宛先数に応じた従量制の課金が発生します。

自然災害発生時に自動的にメールを配信

  • 気象庁が発表した、気象情報(警報・注意報)、地震・津波情報を受け、自動的に安否確認メールを配信します。
  • 自動配信する際の基準(気象警報・注意報の種類、震度)は、お客様ご自身で設定が可能です。
  • エリアと所属等の組織情報を設定することにより、対象を絞り込んでの配信が可能です。


メールの内容・配信先をテンプレート化し、簡単な手順で手動配信

  • 手動でメールを配信する場合でも、事前にメールの内容・配信先を設定することが可能です。
    緊急時でも混乱することなくメールを配信できます。


状況に合わせた回答方式が選択可能

[メールアドレス選択方式]
メール本文中に表示された選択肢別のメールアドレスに対し、空メールを返信するだけで回答完了。緊急時でも手間取らずに回答できます。


[Webフォーム方式]
メール受信者が任意の情報を入力し回答できるため、より詳細な状況の把握が可能です。


収集した安否情報は「即時自動集計」ですぐに確認

  • 収集した安否情報は即時に集計され、インターネット経由でパソコンやスマートフォンから参照可能。
    休日等でも、自宅や外出先からすぐに確認できます。
  • 集計状況、結果を他のシステムと連携することも可能です。

災害に備えた運用をサポート

  • アドレス変更や受信拒否により配信できなかった人を把握でき、緊急時の確実な情報配信を実現できます。
  • 配信時間を指定した「自動配信」「定期配信」機能により、平常時での災害訓練や、定期的な防災情報の配信にもご利用頂けます。
  • メールアドレスの登録・変更は、利用者各自がいつでも実施でき、即時に反映。
    管理担当者の作業軽減はもちろん、配信漏れのリスクを軽減できます。また、管理者による利用者情報の一括取込も可能です。


自治体向けオプション

災害時の職員参集や、住民向けの防災情報配信としてご利用する際に、下記のオプションをお選びいただけます。

  • 全国瞬時警報システム(J-ALERT)と連携したメール配信。
  • 移動体通信事業者が提供する「緊急速報メール」への一括手動配信。

お客様の個人情報を安全・確実にお預かりします

  • システムは、免震構造の当社データセンターにおいて24時間365日有人監視を実施。
    強固なセキュリティ環境のもと、サービスをご提供します。
  • お預かりした個人情報(メールアドレス)は、システム内で暗号化して管理。
    管理画面からも参照できないので、不正閲覧・情報漏洩の心配がありません。
  • インターネット上の通信はSSL暗号化通信により保護されています。


↑ Page top

All rights Reserved, Copyright © 2015 N.S Computer Service Co., Ltd.