システム開発・ネットワーク構築・ソフト&ハードウェア開発は新潟県長岡市のNS・コンピュータサービスへ

会社情報

ホーム > 会社情報トップ > 品質への取組み

品質への取組み

NSCSは、品質を経営の重要課題と捉え、お客様に「感動」して頂ける製品・サービスを提供することを目的にプロセスを継続的に改善して体質を強化します。

基本的な考え方

お客様に「感動」して頂ける製品・サービスを提供する

三現主義で問題の真因を捉え、不具合を発生させたプロセスを改革することで品質を保証します。

お客様に「感動」して頂ける製品・サービスを提供する

「満足」は当たり前、更にその上の「感動」を目指すために「お怒り」や「苦情」には真摯に向き合って再発を防止します。

品質方針

当社は、SIソリューション及びエンベデッドソリューションを提供するに当たり、「品質」を企業の信頼および競争力の根幹に据え、品質マネジメントの仕組みを強化するために以下の方針に従い活動します。

  • 1. 製品・サービスが法規制、お客様の要求事項を満たし、期待通りであるか分析・評価しお客様満足の達成を目指します。
  • 2. 優位性のある、Q(品質)、D(納期)、C(コスト)、D(技術)の確立を目指します。
  • 3. 社員教育を通して、継続した品質改善の啓蒙と意識向上付けを進めます。
  • 4. これらを達成するため品質マネジメントシステムを構築し、継続的に改善します。

品質マネジメントシステム、開発プロセス標準の構築と改善活動

エンジニアの技術のみに依存するのではなく、CMMI®ベストプラクティスを基軸に据え自社の設計・開発プロセスを改善し続けることでエンタープライズ系
ソフトウェアの設計・開発部門においては2011年9月に「レベル2」をエンベデッド系ソフトウェアの設計・開発部門においては2014年11月に「レベル3」を
達成しました。

品質保証活動

品質保証活動

CMMIを基軸としたプロセス

CMMIを基軸としたプロセス

※一部のプロセスエリアは省略

NSCS品質保証体系図(PDF 255KB)

苦情や失敗を隠さず、ごまかさず、再発させない取組み

その場しのぎの対処療法で失敗をごまかすのではなく、経営陣が先頭に立ち、問題の本質を徹底的に分析し組織的な対策を講じることを根気強く継続します。

再発防止プロセス

再発防止プロセス

VOCシステム

VOCシステム

※VOC(Voice of Customer)
苦情や問題発生を迅速に共有し、原因究明と恒久対策を徹底するために自社システムを構築し運用しています。

ページの先頭へ▲

品質基本方針情報セキュリティ基本方針ITサービス基本方針個人情報保護方針環境方針次世代育成支援行動計画女性活躍推進行動計画ご利用条件